top of page

コロナ禍に便乗した解雇の撤回を求めた㈱コード争議の判決が2022年9月21日に京都地裁で行われ、原告の請求を棄却する不当判決となりました。

また、被告が、原告を名誉棄損で訴えた反訴についても棄却しました。


請求概要:2018年5月7日からパート労働者として勤務していた原告が、2020年8月6日に雇止めされたため、その雇止めが無効であると主張して地位確認及び賃金の支払を求めた。


判決概要:請求棄却。原告の雇用期間が短いこと、仕事内容が代替可能である等として雇用継続の期待を退け、被告はコロナの影響によって赤字経営が続き、助成金が延長されるとの報道はあったが不透明だった等の要素をあげ、雇い止めは不合理ではないと結論。


判決の問題点1:雇用継続の合理的期待についての要素の考慮が不十分

原告の業務の恒常性/労働契約上、契約更新が予定されていること/手続きなく契約更新されたことを軽視

判決の問題点2:理由を述べることなく結論を導いている

雇調金を利用すれば、被告の負担はゼロ(原告は社会保険に加入していない)。解雇前の団交で、組合は「せめて助成金期間が終了するまで雇えないのか」と交渉し、被告側は検討する姿勢を見せたが、急に雇止め通知という結果になった。期間は9月末まであることは確定しており、期間延長が報道されていた。被告が雇止めの理由としている経済的負担は理由にならないにも関わらず、結論ありきの不当判決。


判決報告集会で原告代理人弁護士は、非常に粗い判決と指摘。「有期雇用者が切り捨てられるのはおかしいということを判決で積み重ねて、法律になったのが労働契約法19条2号。今まで積み上げてきた判決と差がある地裁判決の問題点を、高裁でしっかり指摘していきたい」と発言しました。

原告は「コロナを理由に10万人以上が雇止めされ、私もその一人。雇調金制度を雇用主が手続きしていれば、多くの人が路頭に迷うことはなかった。有期雇用者が少しでも安定して働けるように勝訴事例を作れるよう闘う」と決意を述べました。


私たち労組は、原告を支え、司法は労働者を守る立場に立て、働き方で労働者を差別するなと訴えていきます。大阪高裁に向け、引き続きのご支援をお願いいたします。





閲覧数:19回0件のコメント
  • 全印総連 京都地連
もっと生きやすい社会をみんなで
「コロナ禍雇い止め撤回」争議 勝利判決をめざす市民集会

講演 女性非正規労働者の現状と、課題をともに乗り越えるために

ジャーナリスト 竹信三恵子さん

※コロナ感染拡大により、オンラインでの講演になります

報告 コード争議の社会的意義

弁護士 中村和雄さん


1月30日(日)14:00~ 無料

キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室

https://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

主催:全印総連 京都地連/印刷関連ユニオン京都支部


●ライブ配信あり オンライン参加申し込みフォーム●

※会場参加の方は申込は不要です



2020 年8 月、伏見区島津町にある株式会社コード(神門素子社長)は、 雇用調整助成金を利用しながら、コロナ禍を理由にパート女性社員を雇い止めし、解雇しました。

彼女は労働組合に加盟し、撤回を求める裁判を2020年10月に開始。 すると会社側は、彼女を名誉毀損で訴えました。

2022年に結審、判決が出る予定です。

コロナ禍に新たな道をつける闘いを市民みんなで支え、 被告に控訴させない世論をいっしょにつくりましょう。 全国初の「コロナ禍雇い止め撤回」裁判勝利へ! ご参加下さい!


閲覧数:101回0件のコメント
  • 全印総連 京都地連

コード社「コロナ禍雇止め」撤回争議は、11月9日に第8回審問がありました。 また、 10日に、会社とユニオンで年末要求の団体交渉を行いました。そこで「争議解決の申入書」を手交し、判決後は労使双方が解決のために努力することを確認しました。

次回1月14日に陳述書を審理し証人人定、2月末か3月に証人尋問の見通しです。

来年1月30日に、勝利判決に向けた市民集会を開催します。


もっと生きやすい社会を、みんなで

「コロナ禍雇い止め撤回」争議勝利判決をめざす市民集会

2022年1月30日(日) 参加無料

会場:キャンパスプラザ京都

https://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

オンライン視聴あり

14:00開会(13:30開場)

ジャーナリストの竹信三恵子さんの講演、中村和雄弁護士に争議の社会的意義をお話しいただきます。詳細は改めてご案内します。


この全国初の「コロナ禍雇い止め撤回」闘争は、ひどいコロナ禍に道をつける闘いです。 被告に控訴させない世論をつくるご支援をよろしくお願いします。



閲覧数:162回0件のコメント
bottom of page