• 全印総連 京都地連
もっと生きやすい社会をみんなで
「コロナ禍雇い止め撤回」争議 勝利判決をめざす市民集会

講演 女性非正規労働者の現状と、課題をともに乗り越えるために

ジャーナリスト 竹信三恵子さん

※コロナ感染拡大により、オンラインでの講演になります

報告 コード争議の社会的意義

弁護士 中村和雄さん


1月30日(日)14:00~ 無料

キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室

https://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

主催:全印総連 京都地連/印刷関連ユニオン京都支部


●ライブ配信あり オンライン参加申し込みフォーム●

https://forms.gle/D3PQr9iTfGuGd73u8

※会場参加の方は申込は不要です



2020 年8 月、伏見区島津町にある株式会社コード(神門素子社長)は、 雇用調整助成金を利用しながら、コロナ禍を理由にパート女性社員を雇い止めし、解雇しました。

彼女は労働組合に加盟し、撤回を求める裁判を2020年10月に開始。 すると会社側は、彼女を名誉毀損で訴えました。

2022年に結審、判決が出る予定です。

コロナ禍に新たな道をつける闘いを市民みんなで支え、 被告に控訴させない世論をいっしょにつくりましょう。 全国初の「コロナ禍雇い止め撤回」裁判勝利へ! ご参加下さい!


閲覧数:74回0件のコメント
  • 全印総連 京都地連

コード社「コロナ禍雇止め」撤回争議は、11月9日に第8回審問がありました。 また、 10日に、会社とユニオンで年末要求の団体交渉を行いました。そこで「争議解決の申入書」を手交し、判決後は労使双方が解決のために努力することを確認しました。

次回1月14日に陳述書を審理し証人人定、2月末か3月に証人尋問の見通しです。

来年1月30日に、勝利判決に向けた市民集会を開催します。


もっと生きやすい社会を、みんなで

「コロナ禍雇い止め撤回」争議勝利判決をめざす市民集会

2022年1月30日(日) 参加無料

会場:キャンパスプラザ京都

https://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

オンライン視聴あり

14:00開会(13:30開場)

ジャーナリストの竹信三恵子さんの講演、中村和雄弁護士に争議の社会的意義をお話しいただきます。詳細は改めてご案内します。


この全国初の「コロナ禍雇い止め撤回」闘争は、ひどいコロナ禍に道をつける闘いです。 被告に控訴させない世論をつくるご支援をよろしくお願いします。



閲覧数:76回0件のコメント
  • 全印総連 京都地連

9月27日、京都地裁第310号法廷で、

コード社雇い止め撤回裁判の第7回期日審問が行われました。


今回も京都総評梶川議長をはじめ、京都MICや河北印刷労組・印刷関連ユニオン京都支部などから17名が支援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。


とうとう会社取締役の代理人弁護士が

出廷しない事態に


今回の審問では遅れていた被告会社側の準備書面がようやく提出されましたが、会社の取締役でもある代理人牧野弁護士はリモートの出廷もしませんでした。ますます丸投げぶりが露わになっています。

準備書面もこれまでの判例の羅列で、何ら被告会社側の合理的な反証にはならない「逃げ口上」の言い訳ばかりでした。


来年1月から、証人尋問スタート

原告側からは、被告からの不当なスラップ反訴に対する答弁書を提出しました。

裁判は次回11月9日の第8回期日審問で証人人定を行い、いよいよ来年1月からは証人尋問が始まります。裁判後の報告会で原告は元気一杯に闘いの決意を述べています。

中村和雄弁護士からも「勝利判決を勝ち取ろう」と檄が飛ばされ、2022年4月結審、5月判決に向け取り組みを強化することが確認されました。2022年1月末には勝利判決獲得に向けた「市民集会」を予定しています。更なる支援の拡大をお願いします。


コロナ渦における解雇雇い止めが全国10万人を超えています。

この、全国初の「コロナ禍雇い止め撤回」闘争は、勝利できると確信しています。

引き続き、全力で闘いますので、あたたかいご支援をお願いいたします。


第8回期日11月9日(火)京都地裁第310号法廷 16:30~

集合場所: 京都地裁1階待合室 時間:16:20 お集まりください

※人数制限の関係で法廷に入れない場合がありますがご了承ください


京都総評の大会で発言する原告


閲覧数:40回0件のコメント