top of page
  • 全印総連 京都地連

コード雇止め争議、最高裁へ

大阪高裁の判決がひどい内容だったため、最高裁へ上告しました。

それに伴い、中央大学法科大学院の米津孝司教授に、意見書を作成していただき、最高裁に提出しました。たいへん説得的な論理が展開されています。

ぜひお読みください。


こちらからPDFにアクセスできます。




閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page