top of page
  • 全印総連 京都地連

1月30日 市民集会にご参加ください

もっと生きやすい社会をみんなで
「コロナ禍雇い止め撤回」争議 勝利判決をめざす市民集会

講演 女性非正規労働者の現状と、課題をともに乗り越えるために

ジャーナリスト 竹信三恵子さん

※コロナ感染拡大により、オンラインでの講演になります

報告 コード争議の社会的意義

弁護士 中村和雄さん


1月30日(日)14:00~ 無料

キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室

https://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

主催:全印総連 京都地連/印刷関連ユニオン京都支部


●ライブ配信あり オンライン参加申し込みフォーム●

https://forms.gle/D3PQr9iTfGuGd73u8

※会場参加の方は申込は不要です



2020 年8 月、伏見区島津町にある株式会社コード(神門素子社長)は、 雇用調整助成金を利用しながら、コロナ禍を理由にパート女性社員を雇い止めし、解雇しました。

彼女は労働組合に加盟し、撤回を求める裁判を2020年10月に開始。 すると会社側は、彼女を名誉毀損で訴えました。

2022年に結審、判決が出る予定です。

コロナ禍に新たな道をつける闘いを市民みんなで支え、 被告に控訴させない世論をいっしょにつくりましょう。 全国初の「コロナ禍雇い止め撤回」裁判勝利へ! ご参加下さい!


閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大阪高裁宛「公正な判決を求める署名」は、 第一次〆切である12月20日現在、706筆を事務所に届けていただいています。 全国からのお力添えに、心から感謝いたします。 ありがとうございます。 大阪高裁の期日は未定ですが、1月になることはない見通しです。 そのため、署名運動をギリギリまで取り組みます。 署名集約日を2023年1月31日に延長いたします。 引き続きのご支援、どうぞよろしくお願いいたします

コード社「コロナ禍雇い止め撤回」裁判 大阪高裁での公正な判決を求める要請署名について緊急のお願いです。 コード株式会社における組合員の雇い止めを撤回させるため、 2020年10月に提訴した裁判は、2022年9月21日に京都地方裁判所で判決が下されました。 判決は、雇用継続の合理的期待について考慮しない、被告が雇用調整助成金期間に雇い止めを強行したことについて判断しないまま、雇い止めは不合理ではない

bottom of page